ニキビ跡を消すにはどうすればよい?

肌が汚い人の肌は誰でも必ずキレイになることができます。それは自分がもっと「喜ぶこと」を探すことから始まります。、多くの女性がもっとニキビのない肌で、女性らしい肌つきになることができると思っています。なぜなら私たちは、日々のストレスからつもつた皮脂を抱え込んだままにしていることがほとんどだからです。それらは肌のニキビ跡の原因であり、ニキビ跡の原因。不快のもとです。要らないものは、早く追い出したい。そう願うのが自然ではないでしょうか。マッサージの力を借りれば、それをスムースになくすすることができます。むくみがすっきりして、プロポーションはすんなり。もやもやした心も晴れて、どんなに気持ちがいいことか―肌に触れるという、この喜びから、美しさの扉は開かれるのです。

 

いつも「気」を込めてマッサージをしています。「明日、オーディションがあるのというニキビ肌さんには「絶対に受かれ、受かれと手のひらに意識を集中してトリートメントするようにしています。すると不思議なことに、みんなきちんと受かるのです。手のひらにはそんな秘め力があるように思います。ハンドパワーに願いを込めてマッサージすればかなわないことはないのではないか。最近、そんなことを信じられるようになりました。手のひらに願いを込めて……。理想とする肌を、あなたにも手に入れてほしいのです。

 

たくさんのニキビ肌の方々を施術するうちに、気付いたことがあります。それは「完璧な人など、誰もいない」ということ。人は誰でも、それぞれ悩みを抱えて生きています。何も気にしていない人など、はじめからいないようです。どんなにキレイに見える女性でも、それぞれ心の奥には何かコンプレックスを抱えています。それでも今をときめくニキビ肌の方たちが輝いて見えるのは、心がまえが違うからなのです。「コンプレツクスをどのように克服していこうか」自分の弱点に対して、一則向きです。ここはこうしたい、ゝ」っちはもっとこうして。変えていくことにとても積極的です。そのような「心の持ち方」が重要なのだと学びました。美しい方ほど、その陰ながらの努力はハンパではありません。決して表には出さないのですが高い美意識をお持ちです。年齢不詳の方ほど、自分にとってもつとも心地いい自分を目指そうとする″欲クが強い気がします。イメージした自分に近づく努力を惜しみません。見た目にはまつたくわからないのに「目の下のシワがすごく気になる」と言い、アイケアに精を出します。けれどもそこには、愚痴のようなネガティブなトーンはありません。もっと上に行こう。その先に待っている、キレイになった自分の姿にいつもワクワクしています。そのために必要な道を一歩一歩進みながら、美しさの階段を昇っているのです。その女性が美しくなれるかどうかの運命は、そんな心の持ち方ひとつで左右されるようです。男性からも女性からも幅広い世代の人々に愛され、いくつになってもまばゆい輝きを放っている女性ほど、そんな心を持っているような気がします。

 

赤いニキビ跡を防ぐにはどうすれば?

ニキビ跡の予防は、健やかなボディコンディションとプロポーションに導くための決め手です。なぜなら、私たちの肌は、毎日毎日代謝をくりかえしているからです。呼吸をし、栄養を肌のすみずみにまで送り届けます。送り届けられた必要な物質は、各臓器で代謝されて不要なゴミとなって掃き出されます。だまっていても、眠っていても、皮脂はなくすされ続けているわけです。ストレスがない子供のように、健やかなコンデイションであれば、その皮脂はスムースに肌外に出されますが、大人になると、心身の疲労やストレスなどがつきものです。「いつでもベストです―」などということはありえません― しかも加齢がともない、代謝機能は衰えるばかりです。毎日、代謝され続ける皮脂は、きちんとなくすしきれずに、肌をむくみやすくします。肌のあちこちがパンパンにはったようになります。それを放っているうちに、知らぬ間にセルライト化。脂肪と細胞の間に蓄積され、肌が凸凹したようになります。

 

ニキビ跡はニキビケアが大事

肌はムクムクと大きくなったように感じられていきます。「肌が汚くなってきた 」と感じられることもあるでしょう。むくみがエスカレートする前に、あるいはすでに、むくみを抱えていると感じるのであれば、手を打つべきです。人の手によるマッサージなど、外部からの刺激を利用して、物理的にとりのぞくのが解決の近道です。それもできれば、その日に生じた肌の疲労物質は、その日のうちに追い出すのが理想的です。さもないと、日に日に雪だるま式でたまってしまうからです。そこで、このニキビ跡の原因をなくすするためにはマッサージがポイント。停滞しがちな血液やリンパの流れを促します。代謝機能をアップします。たまったむくみや皮脂などをスムースになくすして、むくみにくくします。すっきりとやせやすい肌にするわけです。また、肌にたまったニキビ跡の原因は、内臓にも悪影響を及ぼし、負担のもとです。その皮脂をすっきりとクリーンアップして、内臓の働きもノーマライズしましょう。トラブルの改善と予防にもつながるわけです。「自己管理」の観点からも、ニキビ跡の予防は大切なのです。

 

ニキビケア大百科
このサイトには大人ニキビから思春期ニキビまでのケア方法が解説されています。リプロスキンもこのサイトで知ったので一度チェックしてみては?

更新履歴


このページの先頭へ戻る